ビキニ

通販のレビュー・評価・感想

ビキニ

水着のビキニと呼ばれるタイプができたのは1930年といわれています。


できた当初は今のようにビキニとは呼ばれていませんでした。


当時はツーピース水着というような名前で知られていたのですが、それから数年たった1946年にビキニという名前で呼ばれるようになりました。


水着のビキニを考えたのはその当時ルイ・レアールという人のデザインでした。


なぜこのときツーピース水着がビキニと呼ばれていたのかというと、ハワイにあるビキニ環礁から名前が付けられたのだそうです。


ビキニ環礁では、この年に原爆実験が実施されたこともあって、破壊力があるとして破壊力がある水着という意味合いでビキニという名前が付けられるようになったといわれています。


ですが、ビキニの水着はブラジャーとショーツのような下着のようで少し露出が多すぎることから当時はビーチでビキニの水着を着ている人はビーチに入ることができないところもあったといわれています。


ビキニがいまのように普通に着られるようになったのはそれからまださらに時間がたってからのことだと言われています。


ビキニというのは若い間しか着れないと思っている人も多く、出産をしたり体のラインが崩れた女性はワンピースを選びがちですが、実際には体のラインや体型をあまり出さないのはビキニの水着の方が見えないといわれていますから、選び方には注意した方がいいかもしれません。


意外とワンピースなどの方が体のラインを強調して目立たせます。