ケア

通販のレビュー・評価・感想

ケア

水着はすぐに手入れが必要です。


特にプールに入った後の水着はそのままにしておいてはいけません。


プールの中の水には消毒の塩素が入っていますから、塩素は布に長時間ついていると布を漂白させる可能性があります。


水着の色や柄が漂白されてしまってはいけませんから、早めにプールから出たら水着をケアしなければいけないのです。


もしも水着をそのままにして放置しておくと色が抜けたり色あせたりしますから注意しましょう。


中には変色してしまう可能性もあります。


またプールだけでなく海で泳いだ後の水着も早めのケアが必要です。


海水の中に含まれている塩が布などにつくとこれも色を変色させてしまいますから、海にはいった後の水着も早めにケアしましょう。


具体的にはどのように水着をケアするのかというと、プールや海から出た場合には軽く水ですすいでおきましょう。


これだけでケアにつながります。


よく濡れているからといってビニールの袋に入れておく人がいるのですが、特に夏の場合には温度が高いのでビニールの中の温度がどんどん上がってしまって蒸れますからカビが一瞬にしてはえてしまう可能性もあります。


ですからカビが生えないようにするためにも早めに袋から出して水洗いをして干せるなら干しておいて、持って帰るときには絞ってからタオルで包んで持って帰る方がいいと思います。


入れる場合には通気性のいいものに入れておいた方がカビなどの心配もありません。


温泉やジャグジーにはいる場合も成分によっては変色するので早めにケアしましょう。