脱いだ後の注意点

通販のレビュー・評価・感想

脱いだ後の注意点

水着を脱いだ後の注意点としては何度か説明していると思いますが、水着を脱いだら消毒液を取るためにも早めに水道の水をつかって十分にすすぐことが大切です。


海の塩にも色落ちする成分が含まれていますから、色を長持ちさせるためにも早めに水着を脱いだらすすぎが必要です。


そしてすすぎの後には絞って水気を取ると思うのですが、このときには水着は絞るのではなくて、たたいて水気を切るようにします。


水着をなぜしぼってはいけないのかというと、水着を絞るということは水着の形が崩れてしまいます。


ですからタオルで絞ったりしないで、水気は十分にふき取るというのが大切です。


水気を取るのに優れているもの、が白金光触媒のマイクロファイバータオルというものが販売されているのですが、こちらはすぐに水気をとってくれるのでお勧めです。


そして家に持って帰るときにもビニール袋に入れて持って帰るのではなくて、タオルに包んで持って帰るようにしましょう。


こうすることでムレを防いでカビや雑菌などが繁殖するのを防ぐ働きがあります。


水着を脱いだ後もこのように色々と注意点がありますので、プールや海で楽しんだ後はそのままにしておかないで早めに水着をすすいで対処することがお気に入りの水着を長持ちさせるポイントになりますから、守ってみてはいかがでしょうか。


なかなかプールや海で遊んでからこのようなことをするというのは面倒に感じる人も多いと思うのですが、注意しましょう。

<<ケア|補正>>