葬儀の参列できない場合

通販のレビュー・評価・感想

葬儀の参列できない場合

葬儀に、どうしても参列できないという場合があると思います。


たとえば仕事で大事な会議がある、自分しかできない仕事を抱えている、出張をしなければいけないなどの理由があります。


葬儀に参列できなくても、通夜に参列できる場合にはいいのですが、両方に都合がつかない場合のマナーを紹介しまう。


通夜にも葬儀にも、理由があり参列できないという場合には、遺族に連絡を入れればいいと思う人も中にはいるかもしれません。


しかしこれはマナー違反です。


遺族というのは、大切な人が亡くなったことで精神的にも参っていますし、葬儀の準備などもあり、色々と忙しいものです。


その忙しいさなかに、連絡を入れると迷惑がかかると思います。


ですから葬儀にも通夜にも参列できないという場合には、当日までに電報を打つのが一般的です。


葬儀が終わってから、香典と一緒に、手紙を添えて郵送します。


お悔やみの手紙ですから、できれば時期としては初七日までに届くようにするのがマナーです。


その手紙の内容は言いたいことや伝えたいことがある場合には、簡潔にまとめて書きましょう。


その際注意しなければいけないのは、重ね重ねという言葉のように重ねるような忌み言葉を使わないのがマナーです。


香典を送ると香典返しなどをしなければなりませんから、それを気遣って、送るのをやめる場合には、花を送るのがいいでしょう。


この場合の時期としては四十九日までに送るというのが一般的なタイミングです。

<<流行|バスト>>