面識がない人の訃報

通販のレビュー・評価・感想

面識がない人の訃報

面識がない人の訃報を聞くこともあると思います。


葬儀とは、亡くなる前に故人と関係があった人などがお別れをするために開かれる会です。


ですから面識がない人の訃報を聞いて葬儀に参列をするというのは、会ったこともない人にお別れをするということになります。


たとえば会社の取引先の人のお母さんが亡くなられたという訃報を聞いた場合も、直接そのお母さんとは面識がありませんが、取引先の人とはよく会っているというケースがあります。


直接会ったことがない、面識がないというのであれば、葬儀への参列はしなくてもいいでしょう。


しかし1度でも面識があるという場合には、葬儀には必ず参列しましょう。


しかし一度も会ったことがなかったとしても、知っている人との関係などによっては、葬儀に参列した方がいいこともあります。


たとえば今お付き合いしている人の祖父や、会ったことはないが、親友のお父さんなどの場合には参列した方がいいでしょう。


亡くなった人との間柄をよく考えたうえで出席するかどうかは考えた方がいいでしょう。


判断に迷ってしまうこともあるのですが、その場合には、そのなくなった人への気持ちを考えて、自分がどれくらいその人に対して、気持ちを持っているのか考えて判断するといいでしょう。


場合によって参列が場違いな場合もあると思いますので、面識のない人の訃報を聞いた場合には、冷静に判断する必要があります。


判断基準に迷ったら、誰かに相談してみるのもいいでしょう。

<<バスト|ウエスト>>