弔電のマナー

通販のレビュー・評価・感想

弔電のマナー

弔電のマナーを紹介しますが、故人の遺族にとっては、突然大切な人を亡くすわけですから、とても大きな悲しみを抱いていると思います。


何と声をかければいいのか悩むと思います。


一般的に弔電というのは、通夜やお葬式に参列できない時に送るケースが多いでしょう。


自分で何かお悔やみの言葉を考えて送るというのもいいのですが、NTTの電報サービスでは決められた文例がいくつか用意されていますから、結婚式などの御祝いとは違いますので、シンプルに文例を利用してもいいでしょう。


会社の関係の人がなくなった場合や、故人や遺族とそれほど面識がなかったという場合には、下手に自分で言葉を考えるよりは、文例を利用した方がいいと思います。


弔電の宛名は喪主あてにします。


遺族は大変な悲しみの中にいますから、失礼や粗相のないようにしましょう。


もしもオリジナルで自分で文章を考えたという場合には、一度誰かに確認してもらった方が無難かもしれません。


遺族と親しくて関係があったという人の場合には、弔電を送らずにメールを送ったり電話をするという方法もあります。


電報ではなく手紙を書いて香典を送るという方法もあります。


電報ではなくて郵便局が行っているサービスの一つ、マネーレタックスを利用すれば、香典と一緒に手紙を添えて送ることも可能です。


弔電を送る相手との関係などもよく考えた上で、どのようなスタイルで弔電を送るのか考えた方がいいでしょう。


それほど親しくなかった場合には、オリジナルより文例がおすすめです。