不祝儀袋の表書き

通販のレビュー・評価・感想

不祝儀袋の表書き

不祝儀袋の表書きは宗教によって違っています。


訃報を聞いた場合には、宗教は何なのかも合わせて確認しておく必要があります。


不祝儀袋を用意して表書きを書く場合には、仏式で行われるという場合には御霊前、御香料、玉串料と書くのが一般的です。


しかしキリスト教の葬儀になると、お花料という書き方になります。


表書きの書き方も違っているのですが宗派によっては不祝儀袋も違っていることもありますから、注意しましょう。


もしも宗教を聞き忘れてしまったという場合などは、どんな宗教でも使える表書きがあります。


浄土真宗以外なら、御霊前という言葉を使ってもいいことになっているので、迷ってわからなかったら御霊前を書いておくと無難です。


地域や場所によっては、不祝儀袋に入れないというマナーがあったり、受付ですぐにお金の金額を確認するということもあります。


マナーはその土地土地で違っていますから、参列する地域の祝儀に関するマナーを、あらかじめ確認しておくと安心です。


香典返しの負担を軽くするために、金額の上限があらかじめ決められている都道府県もあるといわれています。


不祝儀袋は、従来家に買い置きしておくといけないといわれていますので、その都度購入して用意するのが望ましいでしょう。


名前などを書く場合には、薄い墨汁で書くのが一般的ですが、用意できない場合には、サインペンや筆ペンなどで書いてもいいことになっていますので、ボールペンなどでは書かないようにしましょう。