香典返しの電話

通販のレビュー・評価・感想

香典返しの電話

香典を持っていったり送ったりした場合に、香典返しを受け取ることが一般的です。


香典返しを受けとったら、相手に連絡を入れた方がいいのでしょうか。


香典返しを受けとった場合には、お礼の連絡はしなくてもいいことになっています。


なぜなら、不幸が繰り返さないようにしてほしいとう意味合いからマナーとして決められています。


しかし香典返しを送った人は、ちゃんと届いたかどうか気になると思います。


その場合には、ご供養の品物を受け取りました。


恐れ入りますと一言電話を入れておいてもいいと思いますし、電話が抵抗があるという人の場合にはハガキでの連絡でもいいことになっています。


電話での連連絡でも、ハガキでの連絡でも共通して言えるマナーとしては、ありがとうございましたという言葉は使わないことを覚えておきましょう。


ちなみに、香典返しをする側の立場になった場合には、何を送ればいいのかわからない人も多いと思います。


香典返しの金額的には、香典を受け取った額の半返しを品物で送るというのが一般的になっています。


1万円受け取った場合には5千円相当のものを選ぶようにします。


香典返しであっても、きちんとギフト用として熨斗をかけて送りましょう。


タオルやお茶などが一般的に選ばれている品になると思いますが、香典返しにもカタログギフトが利用されていることも、最近の特徴としてあげられます。


カタログなら好きなものを選ぶことができるので、喜ばれています。