葬儀の靴

通販のレビュー・評価・感想

葬儀の靴

葬儀の靴はマナーを守って選びましょう。


基本としては黒のパンプス以外は履いてはいけないことになっています。


黒のパンプスでも、飾りのないシンプルなものを選び、エナメルなどの光沢のあるものは避けましょう。


夏場はサンダルを選んでしまいがちですが、黒い色でシンプルなものだったとしても、サンダルを選ぶのはマナー違反です。


黒の革のパンプスが一番葬儀や通夜の際に相応しい靴です。


ヒールの高さは5センチで、シンプルなものが一番です。


間違ってもファーがついていたり、クロコダイルのような革のパンプスを選んではいけません。


黒のパンプスならなんでもいいと思って、エナメルのパンプスを選ぶという人もいます。


しかしエナメルはかなり光沢がありますから、葬儀にはふさわしくないでしょう。


ヒールの高さについても、あまりに高すぎたり、ピンヒールなどの靴は、黒くシンプルで光沢がなかったとしても避けましょう。


サンダルは先ほど言ったように、絶対にいけません。


かかとがないタイプのミュールもサンダルと同様に、葬儀では避けなければいけません。


喪服については、マナーを守って葬儀に参列する人が多い中で、ついつい靴においては、マナー違反をしてしまっているという人がいますので気をつけましょう。


ストッキングは夏場であっても、黒または肌色を履きますが、どんなに寒かったとしても、タイツはいけません。


そしてどんなに暑かったとしても、逆に素足で出るということのないようにしましょう。