ジバンシー

通販のレビュー・評価・感想

ジバンシー

ジバンシーはフランスで生まれたブランドです。1937年に行われたパリの万博でデザイナーの作品を展示してあるのを見て、ジバンシーは自分のデザイナーになることを決めました。ジバンシーが立ち上げられた1952年には、金銭的にまだ十分用意できるような状態ではなかったこともあり、コットン素材を使ったとてもシンプルな洋服を展開していました。この時に発表されたシャツの生地で作られているラッフル袖の開襟のブラウスが人気となり、ジバンシーはモードの神童といわれるようになりました。
そして転機が訪れたのは1952年のことでした。オードリーヘップバーンが主演した麗しのサブリナでは衣装を担当することになり、それ以来、香水を発表したり、ジバンシーはメンズの化粧品を発表するなど目覚ましく商品を展開していました。オードリーヘップバーンは映画で衣装を担当してもらったことをきかっけにして、それ以後も愛用していたことでも知られています。オードリーが愛用しているジバンシーの服はとても人気がありましたし、ハリウッド女優たちの間でもジバンシーはとても人気を博しました。オートクチュールのレディースを展開していたジバンシーですが、今はプレタポルテやメンズラインなども幅広く展開していることから、男性にも人気のブランドとしても知られています。
最近はジバンシーの化粧品などが有名で、ジバンシーと言えば、香水というようなイメージを持っている人も多いかも知れません。